症状

SYMPTOMS

SYMPTOMS

症状

様々な症状に対応しています。

胃痛

・胃痛の原因

急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌などで胃痛があります。
胃痛と思っていても胆石や急性腸炎、逆流性食道炎、ストレスで同様の症状があることがあります。

・必要な検査

血液検査・胃カメラ、エコーなどがあります。

胸焼け

・胸焼けの原因

胃酸が食道に逆流することにより胸焼けなどの症状が起こります。
その他、のどのあたりや口の中が酸っぱい、おなかのはり、のどの違和感、胃もたれ、げっぷがでる、咳き込む、胃痛などの症状がある時に、逆流性食道炎が疑われることがあります。
非びらん性胃食道逆流症、逆流性食道炎が原因として挙げられます。

・必要な検査

血液検査・胃カメラなどがあります。

吐き気

・吐き気の原因

急性腸炎(感染性腸炎・食中毒)、食べ過ぎ・飲み過ぎ、妊娠などがあります。
その他、メニエール病、めまい、脳の病気、風邪、お薬、ストレス、熱中症などの感染症など多岐にわたります。

・必要な検査

血液検査・胃カメラ、エコーなどがあります。
病気によってはCT、MRI、耳鼻科の受診が必要となることがあります。

腹痛

・腹痛の原因

腹痛といっても、おなかの場所によって様々な病気が考えられます。
痛みの強さや痛みの時間など痛みの種類も様々です。
急性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、悪性腫瘍、胆石、胆嚢炎、胆管炎、尿管結石、急性膵炎、腸閉塞、急性虫垂炎、虚血性腸炎などがあります。

・必要な検査

血液検査・胃カメラ、大腸カメラ、レントゲン、CT、MRIなどがあります。

下痢

・下痢の原因

健康な便の水分量は60∼70%ほどですが、何らかの原因によって、水分量が増えてしまうと軟便や下痢を引き起こします。
80%~90%の水分量で軟便、90%を超えると水様便と分類されます。
原因としては、ウイルスや細菌による感染性胃腸炎、食べ過ぎ・飲み過ぎ、ストレス(過敏性腸炎)、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎など)などがあります

・必要な検査

血液検査、大腸カメラ、エコー、便潜血検査、便培養検査 などがあります。

ご予約・お問い合わせ

診療時間

9:00 - 12:00 / 14:00 - 18:00
※土曜日は12:00までの診察

受付: 9:00 - 11:45 / 14:00 - 17:45

※当クリニックは時間予約制です。
Web予約またはお電話(0942-85-8334)にてご予約ください。
※毎月1日・日曜日・祭日・年末年始は休診日となります

SHINAGAWA CLINIC

RECRUIT

採用情報

自分らしく働き、輝ける環境を整備しています。多様性に応じたワーク・ライフ・バランスと生産性の向上を目指して取り組んでおり、福利厚生も充実しています。

  • SEO
  • SEO
  • SEO
  • SEO
  • SEO
  • SEO