糖尿病・睡眠時無呼吸症候群

DIABETES

生活習慣病や女性に多いと言われている甲状腺疾患の検査・治療を行っています。

糖尿病について

糖尿病とは

糖尿病は「インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに血糖値が普段より高くなっている状態」です。インスリンの作用不足が、その根本の原因となりますが、それには、インスリンの分泌が少なくなるタイプと、インスリンによるブドウ糖を筋肉や脂肪に取り込ませる作用が低下するタイプがあります。いずれにせよ、糖尿病ではインスリンの作用低下から血糖値が増加しますが、この血糖値の増加が、全身にいろいろな影響を与えます。
インスリンは膵臓に存在する膵β細胞から分泌されるホルモンです。インスリンには血漿のブドウ糖を筋肉や脂肪に取り込ませる作用があるため、結果として、食後に血糖値が上がりすぎなくするように作用します。一方、空腹時のインスリンは低い値で維持されるため、ブドウ糖が筋肉や脂肪に必要以上に取り込まれることはありません。これらの作用を介して、血糖値は空腹時でも食後でもちょうどよい範囲に保たれています。

1.1型糖尿病とは

1型糖尿病では膵臓のランゲルハンス島に炎症がおこりインスリンを作る膵β細胞が壊されます。その結果、インスリンの量が足りなくなり、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなることで血糖値が上がります。1型糖尿病の原因はまだはっきりしていませんが、遺伝因子やウイルス感染などが誘因となり、“自己免疫”と呼ばれる機序により自分の膵β細胞を壊してしまうことが関与していると考えられています。多くの方で、外からインスリンを注射しないと生命の危機に瀕するようなインスリン欠乏状態となります。

2.2型糖尿病

型糖尿病ではインスリンによる血糖低下作用が低下していることと、膵β細胞からのインスリン分泌が不十分なこと、その両方の異常があり血糖値が上がります。2型糖尿病の原因もはっきりしていませんが、遺伝因子とともに生活習慣・外部要因などが関与して発症すると考えられています。2型糖尿病は1型糖尿病よりもゆっくりと気づかないうちに発症し、ゆっくりと進行する場合が多いです。

1型糖尿病の症状

  1. 普段よりのどが渇く
  2. 頻尿
  3. 急激な体重減少
  4. 疲れがひどい

2型糖尿病の症状

初期の段階では自覚症状がまったくないことが多く、症状があらわれるとしても、非常にゆっくり、少しづつあらわれます。

  1. 疲労感
  2. 皮膚が乾燥して痒い
  3. 手足の感覚が低下する、または、チクチク指すような痛みがある
  4. 感染症によくかかる
  5. 頻尿
  6. 目がかすむ
  7. 性機能の問題(ED)
  8. 切り傷やその他の皮膚の傷が治りにくい
  9. 空腹感やのどの渇きがひどくなる

睡眠時無呼吸の原因や症状、検査方法やCPAP療法などの治療方法をご紹介します。

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に無呼吸状態が繰り返される病気です。つまり、眠っている間に呼吸が止まっている状態のことをいいます。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸の状態です。
寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると予想されています。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすことです。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。
本来、睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのものですが、その最中に呼吸停止が繰り返されることで、身体の中の酸素が減っていきます。すると、その酸素不足を補おうと、身体は心拍数を上げます。寝ている本人は気付いていなくても、寝ている間中脳や身体には大きな負担がかかっているわけです。脳も身体も断続的に覚醒した状態になるので、これでは休息どころではありません。
その結果、強い眠気や倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、日中の様々な活動に影響が生じてきます。

1.症状

  1. 寝ているとき
    ・いびきをかく
    ・いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきを書き始める
    ・呼吸が止まる
    ・呼吸が乱れる・息苦しさを感じる
    ・何度も目が覚める
  2. 起きたとき
    ・口が渇いている
    ・頭痛
    ・熟睡感がない
    ・体が重い
  3. 起きているとき
    ・昼間の強い眠気
    ・倦怠感
    ・集中力の欠如
    ・疲労感

2.検査

  1. 問診
    起きている間の自覚症状や生活状況について医師に伝えることです。内容としては昼間の眠気の自覚のほか、既往歴や体調変化、睡眠時無呼吸症候群(SAS)に特徴的ないびきの有無などの情報が診療に役立ちます。
  2. 簡易検査
    自宅でも取扱い可能な検査機器を使って、普段と同じように寝ている間にできる検査です。手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態から睡眠時無呼吸症候群の可能性を調べます。自宅でもできる検査なので、普段と変わらず仕事や日常生活をそれほど心配せずに検査を行うことができます。
    多くの場合はまずこの簡易検査から行います。
    主に酸素飽和度を調べる検査(パルスオキシメトリー)と、気流やいびき音から気道の狭窄や呼吸状態を調べる検査とがあります。
  3. 精密検査
    簡易検査よりもさらに詳しく、睡眠と呼吸の「質」の状態を調べる検査です。終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査と呼ばれます。
    専門の医療機関に入院して行う検査です。

3.治療

「Continuous Positive Airway Pressure」の頭文字をとって、「CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法」と呼ばれます。
閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)に有効な治療方法として現在欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。
CPAP療法の原理は、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させておくというものです。
CPAP装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。

*検査・CPAPなどの治療は保険診療下で行われます。

ご予約・お問い合わせ

診療時間

9:00 - 12:00 / 14:00 - 18:00
※土曜日は12:00までの診察

受付: 9:00 - 11:45 / 14:00 - 17:45

※当クリニックは時間予約制です。
Web予約またはお電話(0942-85-8334)にてご予約ください。
※毎月1日・日曜日・祭日・年末年始は休診日となります

SHINAGAWA CLINIC

RECRUIT

採用情報

自分らしく働き、輝ける環境を整備しています。多様性に応じたワーク・ライフ・バランスと生産性の向上を目指して取り組んでおり、福利厚生も充実しています。

  • SEO
  • SEO
  • SEO
  • SEO
  • SEO
  • SEO