消化器内科

GASTROENTEROLOGY

GASTROENTEROLOGY

消化器内科

胃カメラ・エコーを中心に行っています。 CT・MRIによる診断を行っています。

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

強い酸性の胃液や、胃で消化される途中の食物が食道に逆流して、そこにとどまるために、食道が炎症を起こし、びらん(粘膜がただれること)や潰瘍(粘膜や組織の一部がなくなること)を生じる病気です。

通常、食道の下部には一定の圧力がかかり、胃酸が逆流しないようになっているのですが、さまざまな要因によってこうした逆流が起きてしまうことがあります。油っぽいものを良く食べる方、過食の方、ストレスの多い方、太っている方、高齢で腰の曲がった方に多い病気だとされています。

原因

逆流性食道炎の原因となる胃液や胃の内容物の逆流は、食事の内容、肥満、加齢、姿勢などによって下部食道括約筋等の食道を逆流から守る仕組みが弱まったり、胃酸が増えすぎることで起こります。

脂肪の多いものや甘いものばかりを食べていると、胃酸が多く分泌されて、食道への逆流が起こりやすくなります。また、飲酒やタバコなどの生活習慣やストレスの増大も、食道の働きを弱めることから、逆流性食道炎のリスクを高める要因として知られています。

症状

逆流性食道炎では胸やけのほかに、呑酸(どんさん:酸っぱい液体が口まで上がってくること)、胸痛、咳、のどの違和感、不眠などさまざまな症状がみられます。しかし、なかには食道に炎症が起こっていても、あまり症状を感じない患者さんもいます。これらの症状は一つだけではなく、重複してでる場合もあります。

検査

逆流性食道炎の診断は、まず問診で行なわれ、他の病気の有無や炎症の程度を確認するために、内視鏡検査を行います。

治療

生活習慣の改善だけでは、症状を完全になくすのは難しいため、多くの患者さんは生活習慣の改善とあわせて薬による治療を行います。
薬による治療を始めると、多くの方では、すみやかに症状はなくなります。

ただ、症状がなくなっても、食道の炎症、びらん、潰瘍はすぐに治るわけではありませんので、しばらくは薬を飲み続ける必要があります。また、現在使われている薬では、胃から食道への逆流を根本から治すことはできないため、治癒した後に服薬をやめると再発する方が少なくありません。そうした方では、薬を長い間飲み続ける治療(維持療法)も行われます。

予防法

  • 脂肪分やタンパク質の多い食事をとりすぎないようにすることが大切です。
    他に、胃酸を増やしたり胸やけの症状を悪くしたりすることのあるチョコレート・ケーキなどの甘いもの、唐辛子・コショウなどの香辛料、みかんやレモンなどの酸味の強い果物、消化の悪い食べ物などはとる量を減らしましょう。
  • 食事の量を減らし、腹八分目を心がけましょう。
  • アルコールは、胃酸の分泌を増やすと同時に、食道下部括約筋をゆるめることが分かっています。アルコールはできるだけ控えましょう。またコーヒーや緑茶などに含まれるカフェインも、胃酸の分泌を増やします。
  • 姿勢と逆流性食道炎は深く関係しています。日中は前かがみの姿勢を避けましょう。寝る時は、少し上半身を高くして寝ると、逆流が起こりにくくなります。食後3時間くらいは、胃の内容物の逆流が起こりやすいといわれています。食後すぐに横になったり、寝る前に食事をとることは避けましょう。
  • タバコは逆流性食道炎を悪くします。禁煙に取り組みましょう。

食道癌

食道がんとは

食道はのどぼとけの下ののど(頸部:けいぶ)から胃に至るまでの細長い管状の臓器です。

食道の壁は多層で粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、粘膜下層、固有筋層で構成され、一番内側の粘膜は重層扁平上皮(じゅうそうへんぺいじょうひ)で覆われています。食道がんはこの一番内側の粘膜に発生します。

日本人の食道がんの90%以上は扁平上皮癌で、60~70歳の男性に多く発病します。他に腺癌と呼ばれるタイプの食道がんがありますが、日本人には少なく(10%以下)、欧米人ではこのタイプが60~70%を占めています。

腺癌はバレット食道が関係していると考えられています。バレット食道とは、胃酸が食道に逆流し、食道粘膜が炎症をおこすことを繰り返す結果、食道粘膜が胃粘膜の円柱上皮に置き換わっている状態です。生活の欧米化した日本でも今後増加する事も予測され注意が必要といわれています。

症状

食道は食べ物の通り道であるため、食道がんの症状は、食物が通過したときに出る症状がほとんどです。私たちは一般に、日常の生活で食物が食道を通過するのを自覚することはあまりありません。食道がんの初期は無症状ですが、がんが進行するにつれ症状が出現します。飲み込むときにしみたり、チクチクする感じや、つかえた感じがするなどの自覚症状が出始めます。

注意したいのはつかえ感です。水分は通りますが、固形物が通過しにくくなってきます。進行が進むにつれ食道の内径が狭くなると、よくかんで飲み込んでもつかえ感があり、嘔吐もみられるようになります。

検査

1)内視鏡検査(胃カメラ)

内視鏡検査は病巣部を直接観察できることが大きな特徴です。主病巣の位置や大きさだけでなく、病巣の拡がりや表面の形状、色調などから、病巣の数やある程度の進行度が判断できます。

2)X線検査

食道のX線検査はバリウム溶液を用いた撮影法です。バリウム溶液を飲んで、食道を通過するタイミングに撮影し、粘膜上の様子を観察するものです。がんなどの病巣(びょうそう)が粘膜にあると、微細な凹凸の変化や形態学的に異常な変化を影として見つけ出します。病巣の部位や個数などを予測できる補助的な検査法のひとつです。

食道がんを診断する場合、胸骨上縁、気管分岐部下縁、横隔膜の範囲の観察が必要とされています。

X線撮影法はこの領域を把握できます。内視鏡検査のように病巣の表面や深達度(しんたつど)などは解明できませんが、病巣の位置や大きさや狭窄など食道の状態の全体像を把握できるメリットがあります。
その他、CT・MRI検査、PET検査を行います。

治療

手術について

食道がんの手術は、基本的に病変部の切除をしたあと、代わりの食道を作ります。
そのため切除する範囲は非常に重要で、がんのできている部位と進行度によって手術内容が決まります。

最も発生頻度が高く、切除手術が行われているのが胸部食道がんです。胸部食道がんでは、ほぼ食道を全部摘出し、周りのリンパ節を広範囲に取り去ります。そして、基本的には胃管をのどに引き上げ、食物の通る道として再建します。がんの発生範囲が頸部食道に限られた場合は、がんを切除後、空腸で再建します。腹部食道では下部食道と胃噴門(いふんもん)側の切除を行い、胃あるいは小腸で再建します。

食道がんのリンパ郭清は、再発を防ぐために非常に重要で、がんの占拠部位 ごとにとるべきリンパ節群がきめられています。胸部進行食道がんの場合、頸部、胸部、腹部3領域のリンパ節郭清術が広く行われるようになり治療成績が向上しました。
手術後の合併症として、胸部食道がんで呼吸器合併症(声帯浮腫 、肺炎等)が多く認められますが、適切な対応によりほとんどは改善します。

内視鏡による治療

内視鏡による治療法としては、PDT(光線力学的療法)やレーザー焼灼などもありますが、もっとも一般的に行われている内視鏡による治療法は病変のある粘膜を切除する方法です。

内視鏡による治療は、開腹手術に比べて切除部位が小さく、出血や痛みも少ないため、患者さんにとって負担が少ないことが大きなメリットです。切除した部分は取り出し、組織を調べ、場合によっては追加切除を行いがんの病巣(びょうそう)を完全に切除します。

一方、内視鏡治療には出血や穿孔のリスクがあるため、慎重な操作が求められます。

化学療法

食道がんは抗がん剤の感受性(反応性)が比較的高いがんです。

様々な種類の抗がん剤が食道がんに対して使用を認められています。抗がん剤はがん細胞の異常な増殖を抑える効果を持つ薬剤ですが、1つの薬剤では限界があるため、一般に幾つかの薬剤を用いる多剤併用療法が行われます。

わが国では、外科手術の成績が良好なため、かなり転移している例を除いて、第一選択には手術が行われています。化学療法は手術以外の治療を支える重要な方法です。

放射線療法

食道がんの患者さんは食事が十分取れず、体力も低下しているケースが多いため、放射線療法は一般に入院して行われます。早期のがんであれば放射線療法で十分有効なこともあります。近年、放射線療法とと化学療法を同時に行う「放射線化学療法」が注目を集め一般的になりました。より大きな効果が期待できること、治療後のQOLが良好であることが評価されています。

原因

食道がんの危険因子としては、アルコール飲料、熱い食べ物と飲み物、タンパク質、ビタミン、ミネラルの不足した食生活が関係あると言われています。逆に、タンパク質、ビタミン、ミネラルを十分にとった食生活を心がけることが大切です。

食道がんは60~70歳の男性に多く、これには、特に喫煙と飲酒の因果関係が指摘されています。喫煙に関しては、ほぼ確実な要因ともいわれ、たばこを吸わない人も「受動喫煙」といってたばこの煙を間接的に吸って、喫煙者同様にリスクが高まるともいわれています。

がんの発生には様々な条件、過程がありますので、がん予防の特効薬はありませんが、日々の心がけで、がんのリスクを減らすことは可能です。

慢性胃炎

慢性胃炎について

慢性胃炎は、胃の腺細胞(胃酸を分泌している腺)が、萎縮(いしゅく) をおこし修復されずに進行していく胃粘膜の病気です。長期にわたって慢性的に萎縮 とともに胃酸の分泌が減少する状態が続いていることをいいます。

近年、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染と慢性胃炎の関係が研究されています。臨床的には、出血とびらん のある胃炎びらん のない胃炎特殊型胃炎があります。一般に慢性胃炎というと、びらんのない胃炎を指し、ピロリ菌の感染によると考えられています

症状

慢性胃炎特有のものはなく、胃潰瘍や胃がんでも同じ症状がみられます。萎縮の程度と症状は必ずしも一致しません。主な症状には、空腹時や夜間のむねやけ、食後の嘔気、もたれた感じがあります。また、強い胃の不調を訴える方のなかには、神経症的傾向が強いケースもあります。

胃潰瘍

胃潰瘍とは

潰瘍胃の粘膜の下にある筋層まで傷つく状態です。胃潰瘍には、急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍があります。
急性胃潰瘍は、浅い不整形の潰瘍が多発し、慢性胃潰瘍は、円形で単発する傾向があります。
ほとんどは早期に治りますが、再発を繰り返すこともあります。40~50歳代に多く発症します。

症状

食後少し時間が経過すると心窩部痛、背中の痛みが起こり、軽食をとると軽快する傾向にあります。このような症状は、活動期に起こり、治癒期には無症状です。増悪期には、食後や空腹時を問わず痛むことがあります。

原因

胃酸の消化作用によって、自分の粘膜が攻撃されるために起こります。胃粘膜を守る働き(表面上皮と粘液)と胃粘膜を攻撃する力(胃液中の胃酸やペプシン)のバランスがくずれ、攻撃側が優位になった状態によるものです。
また、胃潰瘍の70~90%でヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)が発見されています。

治療

生活習慣の改善として過労やストレスを避けます。出血や胃痛など症状のひどいときは、禁酒、禁煙また、胃酸の分泌を促進する食べ物(焼肉、コーヒー、濃い紅茶や緑茶、アルコール、強い香辛料)をひかえるようにします。

脂肪性の食品や繊維の多い食べ物は、消化に負担がかかるので、避けるほうが賢明でしょう。同時に食事時間が不規則にならないように注意します。薬物療法として胃酸の分泌を抑え、胃の粘膜を修復する薬剤により治療します。

ピロリ菌に感染し、再発を繰り返している場合には、胃酸分泌を抑制する薬と2種類の抗生物質を使用した「ピロリ菌の除菌療法」が行われています。完治した後完治した後も再発を防ぐため、胃酸の分泌を抑制する薬や胃粘膜を修復する薬を継続してのみます。

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍とは

十二指腸の粘膜に潰瘍ができる病気です。胃に近い部分に多く見られます。十二指腸潰瘍は胃潰瘍とは異なる点が多く、十二指腸の壁は胃壁に比べて筋層が薄いので深く進行し、出血・穿孔起こしやすい傾向があります。

患者さんのヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染率が非常に高く、97%以上の感染率ともいわれています。20~40歳に多く発症し、ストレスの多い今の時代、増加傾向にあります。

症状

腹痛がもっとも多く、特に夜間、早朝などの空腹時におこり、食物を食べると症状が緩和します。
潰瘍部分が出血し、時には吐血、下血がおこります。

原因

粘膜による防御の働きと胃酸による攻撃とのバランスが崩れることで発症します。ストレスが関係することがあります。

治療

薬剤療法として基本的に胃酸分泌を抑制する薬剤により治療します。6週間の治療80%以上が治ります。十二指腸潰瘍もピロリ菌の感染と関係があるので、胃酸分泌を抑制する薬と2種類の抗生物質を使用した「ピロリ菌の除菌療法」を行うことができます。

慢性胃炎

Q&A:ピロリ菌って何?

正式にはヘリコバクター・ピロリ菌という菌で、1983年にオーストラリアのウォレンとマーシャルによって発見されました。
ピロリ菌が胃・十二指腸潰瘍の原因になっていることがわかり、ウォレンとマーシャルは2005年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。 
ヘリコバクター・ピロリ菌に感染すると数週間から数ヶ月で100%の人が慢性胃炎になります。その後、慢性胃炎→萎縮性胃炎→分化胃がんへとなる場合や萎縮性胃炎を経ずに直接未分化胃がんへと進む場合があります。

その他、慢性胃炎から胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病へと進むコースもあります。 
ピロリ菌感染
数週間から数ヶ月で100%の人が慢性胃炎
慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ菌感染胃炎)
萎縮性胃炎
胃潰瘍・十二指腸潰瘍
胃MALTリンパ腫
特発性血小板減少性紫斑病
未分化胃がん
分化型胃癌
出典:Asaka M:Int J Cancer 132:1272,2013より改変

ピロリ菌の検査法

○内視鏡を用いて行う方法

・培養法:ピロリ菌を培養します。
 ・迅速ウレア−ゼ法:ピロリ菌のもつウレア−ゼの働きでアンモニアの有無を調べます。
 ・組織鏡検法:顕微鏡でピロリ菌がいるかどうか調べます。 

○内視鏡を用いないで行う方法

・尿素呼気試験法:呼気(吐き出した息)を採取して調べる方法です。ピロリ菌がもつウレア−ゼのはたらきで作られる二酸化炭素の量を調べます。
 ・抗体測定法:尿や血液のピロリ菌に対する抗体の有無を調べる方法です。
 ・抗原測定法:糞便中のピロリ菌抗原の有無を調べる方法です。 

*保険適用でピロリ菌の検査が行えるのは、胃・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少症、早期胃がんに対する内視鏡治療、慢性胃炎(萎縮性胃炎)の患者さんです。

当院ではピロリ菌検査を行っています。

ピロリ菌検査とペプシノーゲン検査(胃の萎縮状態を調べる検査)を組み合わせたピロリ菌&胃がん(ABC検診)検診を行っています。お気軽にご相談ください。

ピロリ菌の除菌治療

ピロリ菌検査で陽性の場合、除菌治療を行います。
2種類の抗生物質と胃酸を抑える薬の3種類のお薬を朝と夕方の1日2回1週間しっかりと服用することで70-80%の患者さんはピロリ菌を除菌できます。

1回目の除菌治療で除菌ができなかった場合、お薬を変えて再度除菌治療を行うことが可能です。
2回目の除菌治療では約90%の患者さんで除菌ができます。
除菌できたかどうかは除菌治療終了後4週間以上あけて検査をすることでわかります。 

1日2回
1週間の服用

薬

除菌成功率
70~80%(1回目)、90%(2回目)

除菌成功率

ご予約・お問い合わせ

診療時間

9:00 - 12:00 / 14:00 - 18:00
※土曜日は12:00までの診察

受付: 9:00 - 11:45 / 14:00 - 17:45

※当クリニックは時間予約制です。
Web予約またはお電話(0942-85-8334)にてご予約ください。
※毎月1日・日曜日・祭日・年末年始は休診日となります

SHINAGAWA CLINIC

RECRUIT

採用情報

自分らしく働き、輝ける環境を整備しています。多様性に応じたワーク・ライフ・バランスと生産性の向上を目指して取り組んでおり、福利厚生も充実しています。

  • SEO
  • SEO
  • SEO
  • SEO
  • SEO
  • SEO